レンタルサーバー比較

  
  
いまや、日本のインターネット普及率は、80%に迫っています。
 
  そして、情報を得るだけではなく、自分のホームページを作って、情報を発信する人も増えています。
  ホームページは自分の分身。かわいいものです。
  そのホームページに命を吹き込んでくれるのが、レンタルサーバー (ホスティングサービス)です。
 
   
個人用 人気 レンタルサーバーランキング
 
1位 ロリポップ
容量 2GB〜
月額 105円〜
さらに詳しく
2位 Xserver
(エックスサーバー)

電話サポート始めました
容量 40GB〜
月額 1.050円〜
さらに詳しく
3位 WADAX
容量 20GB〜
月額 1.155円〜
さらに詳しく
4位 @WAPPY
容量 50GB〜
月額 438円〜219円〜
さらに詳しく
5位 お名前.comレンタルサーバー
容量 100GB〜
月額 1.344円〜
さらに詳しく
注目 大塚商会
容量 10GB〜
月額 1.080円〜
さらに詳しく
キャンペーン ドメイン取得は お名前.com ドメイン取得いつもキャンペーンやっています。
ただいま .info が、180円
 
  
ロリポップが人気の秘密!
  
ロリポップがたくさんの方に使われている理由!
 
ロリポップが人気の理由
 
に、一般からのQ&A形式で載せています
   
快適なサ-バ―は?!

格安ならばロリポップ! 予算が許せばWADAX
がおすすめです。
ドメインがたくさんほしい方は、Xserver(エックスサーバー)
マルチドメインがおすすめ。ドメインは無制限です。

  
 

法人用 人気 レンタルサーバーランキング

1位 WADAX
容量 20GB〜
月額 1.155円〜
さらに詳しく
2位 ファーストサーバ
容量 50GB〜
月額 1.890円〜
さらに詳しく
3位 実力NO1
CPIレンタルサーバー
容量 50GB〜
月額 3.990円〜
さらに詳しく
4位 WADAX専用サーバー
容量 200GB〜
月額 18.150円〜
さらに詳しく
5位 アイル共用サーバー
「iCLUSTA」
容量 40GB〜
月額 1.995円〜
さらに詳しく

  
ここでは、レンタルサーバーを比較するサイトを作ってみました。 格安レンタルサーバーから、高機能まで、信頼できる業者を比較しています。
当、「レンタルサーバー比較」では、個人でまたは法人で、情報発信するためには、いまや欠かすことのできない「レンタルサーバー比較」のサービスの紹介をしていきます。

皆様には比較・検討していただき、 ご自分に合ったレンタルサーバーを選んでいただけたらと思います。
皆様が快適な、ネット生活をおくれるように、このサイト
で、さまざまな角度から比較してみようと思います。 

レンタルサーバーとは

  
1、ホームページを作成して、ウェブ上に公開するしたりメールをやり取りするには、
  「サーバー」と言うものが必要になってきます。


2、サーバーの管理は個人では難しく(24時間フル稼働していますし、
  何かあったときに対応できる高度な技術も必要になってきます) 一般的ではありません。

そこで皆さんが利用するのが、「レンタルサーバー(『ホスティングサービス』とも言う)」です。


3、そして「レンタルサーバー」というのは読んで字の如く、「ホームページを複数のパソコンから
  見れるようにする機能を搭載したコンピュータ」を借りるということです。


4、そして、借りるレンタルサーバーにも種類があります。比較してみましょう。

 a、1台のPCサーバーをまるごと使用できる「
専用レンタルサーバー」。
   自分だけのPCなので、安定した動作が期待できます。 
   また、比較するとアプリケーションのインストールやカスタマイズが自由に出来る
   という利点がある反面、価格が高くなる・高い知識が必要となるなどの欠点もあります。

 b、そして、1台のPCを複数のユーザーで、共有して使う「
共用レンタルサーバー」。 
   たくさんのユーザーで借りるわけですから、当然価格を比較するとその分安くなります。
   またサーバーに詳しくない初心者でも安心して使えます。

   しかしその反面、アプリケーションのインストールやカスタマイズが自由にできません。
   また共有人数が多くなると、「専用レンタルサーバー」に比較して、回線の負荷が上がり
   サイトの表示が遅くなったり、最悪の場合サーバーがダウンしてしまうこともあります。

   しかしサーバー側も、そのようなプログラムには規制をかけていますので、
   最近では監視を強化するのが当たり前になってきていますので、
   使う側もかなり安心して使うことができるようになってきています。

 c,、そしてもうひとつは、共用サーバーを仮想的に専用サーバーのように使うことが出来る
   「
仮想専用(VPS)レンタルサーバー」です。
   
   1台のPCサーバーを共有して使っているのですが、CPU・メモリ保証のサービスなどがあって、
   共有レンタルサーバーに比較すると、断然安定性は高くなります。

   利点としては、専用サーバー並みに、設定のカスタマイズやアプリケーションの
   インストールができるのに、価格が安い。
   最初から、入っているアプリケーションが多いので、導入しやすい。等です。

   欠点としては、とはいえ共用サーバーなので、他の契約者の影響を受けることがあります。

   これらのレンタルサーバーは、
左上のメニューの「選択方法」から比較・検討ができます。
 

レンタルサーバーコンテンツ

 レンタルサーバー比較 トップ

選択方法

 ランキング
 おすすめレンタルサーバー
 格安レンタルサーバー
 初心者用
 電話サポートあり
 一般
 高性能
 専用サーバー
 仮想専用
 法人向け
 ドメイン取得サービス
 ネットショップ開業向け
 ブログサービス

レンタルサーバー豆知識

 レンタルサーバーの選び方
 独自ドメインの重要性
 用語集
 ホームページのアップロード方法
 ホームページビルダーと
  ドリームウィバーについて

レンタルサーバー 一覧

 本サイト掲載企業一覧

その他の事項

 プライバシーポリシー
 ご利用にあたって
 

お気に入りに追加・レンタルサーバーの比較
   
  
では、ホームページをウェブ上に公開するために、プロバイダーのスペースや無料スペースもあるのですが、なぜ、お金を払ってでも、「レンタルサーバー」を使うのでしょうか?

それはまず、容量の問題があります。プロバイダのスペースでは、5MB〜せいぜい10MB位でしょう。


また、CGIは、プロバイダー側で用意した、CGIしか使うことができないなどの制限がされていたりします。
商用利用ができないところもあります。これはネットショップをやる人には使えません。

そして、一番気になるのが、ドメインです。(ドメイン・独自ドメインについては、「別ページ」で解説します)

URLは、プロバイダの名前も入ってますので非常に長くなります。

例を挙げます。

http://www.studio-aro.com/server が、私の TOPページのURLです。(studio-aroは、私の屋号です。だから一番最初に取ったったドメインなんです)

http://www.studio-aro.com が最初のホームページでした。が階層下の「server」がホームページとして今まだ残っているのです。

「studio-aro.com」を「独自ドメイン」と言って、自分の好みの名前や、屋号、会社名を
入れる事ができるわけです。(serverはドメインの階層下になります)

「studio-aro.com」の部分を、たとえば、誰も使ってなかったら「○×△」と言う名前でも登録できたとすれば、
http://www.○×△.com/   や、http://www.○×△.net/
と、とても短いURLになるのです。

短いドメインは、ほとんど誰かが使っています。コツは何処かに数字を入れると短いドメインがとりやすくなりますよ。

一方
プロバイダのURLはどうなっているのでしょうか?
私のプロバイダーのOCNでもらえるアカウントは、
http://www.○○○.one.ocn.ne.jp/~□□□

この「○○○」には、プロバイダからのサブドメインがつきます。

自分でつけられる名前は、「~(チルダと言います)」の後の、□□□部分なんです。
とても長くなります。
この階層下にページがつきますから、もっと長くなります。
http://www.○○○.one.ocn.ne.jp/~□□□/△△△ と言う風になります。

もうひとつの方法、
フリースペース(無料サーバー)でも、同様、CGIPHPSSI・MYSQL等々が制限されている、URLが長い。 
邪魔なのが、広告もついてきます。

広告は、ホームページでビジネスをする人にとっては、障害にもなります。

趣味のページでも、見た目良く無いですよね。

一番怖いのがサーバーがダウンしてしまうことでしょう
無料で使っているのですから、そんなに目くじら立てて怒るわけにもいきません。
が、大事なホームページは、無料サーバーを使うことは、極力やめましょう!

プロバイダーや無料スペースだと自由度が低く本格的な運営が出来ないんです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

くりかえしますが、「レンタルサーバー」とは
有料でネットワーク上のコンピューターの全部もしくは一部を借りてくることのできるサービスです。
また、好きな「ドメイン」を取得して、個人特有の短いURLでウェブ上にホームページを、公開することができるようになります。
 
サービスを提供してくれる会社は、たくさんあります。比較すると、それぞれにサービス内容も違います。
じっくり比較検討して、選んでください。

当サイト「レンタルサーバーの比較」でしっかり比較してもらうと良いとおもいます。

私が最初に契約するときはまだこのような比較するサイトはありませんでした。

たまたま選んだレンタルサーバーが、良かったから、良かったものの、皆さんは、どこを借りたら良いものか悩んだりすると思います。

ですから、この比較出来るサイトを数年前に立ち上げたのです。

でも今はブログ全盛の時代ですね。デモね、ホームページも必要なんですよ。
ブログと、リンクしながら、色々な事ができます。 ブログは更新が大事です。
ホームページも大事ですが、比較的ある程度ホッテおけます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

さてこのサイトで比較・検討していただく内容は、

まずは、その「レンタルサーバー」の特徴は何か?
Web上のプログラム、CGI、PHP、SSIも使用できるかどうか?とか
自分の欲しい、目的・用途は何か?それを提供してくれるのはどこか?

それらのレンタルサーバーは当サイトでも紹介していきますが、
一番良いのは、分からないことがあったら、
直接問い合わせをしてみることです

電話でも、メールでも。この対応によって、業者のサポートの具合が分かってくると思います。相性も分かってきます。

初心者の皆さんも、これは実行すべきです。内容もさることながら、メールでは返ってくる、返事の速さはどうか、電話では、つながる速さや応対はどうか? 比較すると、結構いろいろ分かってくるものですよ。

おすすめのレンタルサーバーも詳しく解説しています。

あくまでも「独自ドメイン」を使えることを前提にして、
あなたにとって、今必要としている、ニーズにこたえてくれるレンタルサーバーを、この「レンタルサーバー比較」のサイトで見つけられれば幸いだと思います。

                 ※このホームページとレンタルサーバー会社の数値が違う場合はレンタルサーバー会社の数値が正しいです。
 このページのトップへ       
Copyright (C) レンタルサーバーの比較 All Rights Reserved.